ネイルに関するニュースを紹介

ネイルには栄養も大事

指先は人目につきやすく、ネイルケアは女性のエチケットとして必要不可欠なものです。
指先が荒れていたりネイルカラーが剥がれていたり爪がボロボロだったり黄ばんでいたりすると不潔な印象を与えてしまいますので、きちんとしたケアをして美しさと清潔感を保ちましょう。
ネイルケアで大事なことは、爪にたっぷりと栄養やうるおいを与えるということです。
顔のスキンケアと同じようにネイルケアをしていくことが大切です。
爪も皮膚の一部であるということを理解しておく必要があります。
ネイルサロンに通ってケアをすれば高い効果を実感することができますが、自宅でのセルフケアでも十分な効果を得ることができます。
ケアアイテムも様々なメーカーから様々なタイプのものが市販されていますので、自分にぴったり合ったケアアイテムを見つけて積極的にケアをしていきましょう。
爪を切る際に気をつけるべきこととしては、なるべく爪に負担をかけない切り方をするということです。
思いっきり真ん中からパチンと切るのではなく、端から少しずつ切っていきましょう。
端の角は残すようにして切り、最後にやすりで形を整えるようにしましょう。
角を残すことで詰めの強度が増して剥がれたり欠けたりするのを防ぐことにもつながります。
爪を柔らかくしてから切るということも大切です。
入浴後がベストタイミングですが、切る前にお湯で手を温めておくだけでも爪は柔らかくなります。
美しい指先に導くためには保湿ケアも必要不可欠です。
ネイル用の保湿クリームやオイルは種類豊富に揃っており、配合されている美容成分やテクスチャーや香りなどもそれぞれ異なりますので自分の好みものものを選んでケアに取り入れましょう。
マッサージをしながらじっくりと爪になじませてたっぷりとうるおいと栄養を補給しましょう。
爪が柔らかくなめらかになります。
ネイルカラーのつきも良くなります。
ネイルカラーを塗る際には手を清潔に洗い油分や汚れをしっかりとオフしてからベースコートを塗りましょう。
この一手間を加えることでネイルのもちを格段に良くすることができます。
ベースコートを塗ることでネイルの強度が増してフラットな状態になりネイルカラーが塗りやすくなります。
ネイルカラーを塗ったらトップコートを塗って仕上げます。
トップコートを塗ることでツヤが出てもちが良くなります。
最後に保湿のためのオイルをなじませれば完璧です。
日頃からきちんとしたネイルケアをして美しい指先をキープしましょう。

おすすめ