ネイルに関するニュースを紹介

セルフケアで美しさを保つ

ネイルケアはサロンで行うこともできますが、自分でも簡単に行うことができるため、費用を抑えるためにも正しいケア方法を知っておきましょう。
人と会う時にも、以外と爪を見る方は多いので、定期的にケアをしていきましょう。
まず、大事なこととして保湿があります。
肌と同じように、爪も乾燥でトラブルが起きやすいため、美しい爪を保つためにはしっかりと乾燥対策を行います。
乾燥を放置していると、表面がざらついて見た目が悪くなり、爪が脆くなってしまいます。
場合によっては、ヒビや割ができてしまい、二枚爪になりやすくなります。
乾燥対策で使用するものは、ネイルオイルやエッセンスでケアをします。
ハンドクリームと一緒の使う時には、ネイルオイルを先に使うようにしましょう。
爪が乾燥しやすくなる原因として、アルコールが配合されているハンドソープや食器洗剤を使うと、水分が失われやすくなります。
乾燥を抑えるためには、アルコールが配合されていない商品に変えるか、食器洗いをする時にゴム手袋やビニール手袋を使うようにします。
ネイルケアをする道具はいくつかありますが、爪を綺麗にするためには揃えておいたほうがよいでしょう。
道具としては、爪やすり、キューティクルリムーバー、キューティクルプッシャー、ガーゼ、バッファー、シャイナーなどが挙げられます。
爪やすりは爪を整えるのに必要となり、爪切りで長さを整えてから使います。
爪切りにやすりがついている場合も多いです。
キューティクルリムーバーは爪の甘皮を除去しやすくするための除去剤となります。
リムーバーを塗ってからキューティクルプッシャーを使って爪の甘皮をこすり取ります。
バッファーは、バッフィングとも呼ばれ、爪の表面を磨くものとなります。
シャイナーも同様のものとなります。
バッファーとシャイナーの違いに関しては、バッファーは爪の凸凹を整えるスポンジとなり、シャイナーはクッション性があるもので、爪の表面を優しく整える役目をします。
基本的には、バッファーを使った後にシャイナーを使用します。
バッファーとシャイナーが一緒になったものも販売されているので、購入したことがない方は、そちらがおすすめとなります。
ネイルケアを行いやすくする方法として、先に爪を温めると爪が柔らかくなりケアが行いやすくなります。
爪やすりは、手が誤ってしまうと皮膚を傷つけてしまうため、注意して行う必要があります。
ネイルケア初心者の方は、注意して爪のケアを行っていきましょう。

おすすめ